プロ野球セ・リーグは3位争いが熾烈です。

プロ野球セ・リーグは3位争いが熾烈です。昨日巨人は広島相手に痛恨の敗戦を喫しました。今季相性の悪い広島とのその典型と言える敗戦でした。その象徴が7回表1点差での巨人の攻撃で1死1.2塁で打者は坂本。対するは広島のエース薮田でしたが、2球目3球目の落ちる変化球をあえなく空振りしてその後の4球目同じく変化球が高めに浮き、それをしっかり捉えセンターに抜けると思われましたが、セカンドの菊池が逆シングルでスライディングキャッチ、そのまま体制を崩しながらショートへトスしてホースアウトそして1塁転送されダブルプレー成立、万事休しました。一方3位DeNAは初回に7安打8得点で大爆発一気に勝負を決め、石田が6回をノーヒットノーランに抑える好投も降板させ、次回の登板に温存させました。これでゲーム差は1.5に広がりました。巨人はかなり苦しくなったと思います。巨人はこれで菅野、マイコラス、田口、畠の4枚看板でローテーションを組んでくると思います。故障につながりかけないかなり過酷な状況になったと思います。DeNAは打線が好調なので今まで通り小刻みな継投で乗り切ってくる戦法を取ると思います。まだまだ予断を許さない状況ですが、巨人は球団の使命として負けられません。非常に盛り上がってきたと思いますhttp://www.itolosa.co/vio.html