地震のことやモホ不連続要素などにあたって稽古

地震などにあたって研究をしました。震央から実測場所までの区間(震央区間)を横軸に、地震が起きてから最初のP主流が実測場所に到達するまでのひととき(走状態)を縦軸にとったグラフを(P主流の)走状態ラインといいます。震源の浅い地震の走状態ラインは、陸地では震央区間150〜300kmのあたりで折れ曲がりが実測されます。これは地中30〜60kmに地震主流ペースが変化する不連続側面がある結果で、こういう側面をモホ不連続側面(モホロビチッチ不連続側面)といいます。モホ不連続側面から前文を地殻、その後述をマントルといいます。また、地殻は大陸部と海洋部で岩クォリティが異なっています。そのため、地殻は大陸地殻といった海洋地殻に大別されます。水の中では、水よりも密度のでかいものは沈み、密度の低いものは浮かびます。地殻はマントルよりも密度が狭苦しいので、マントルの上に浮かびます。このようなことを覚えましたが、知らないことばかりだったので知らないことを知れて良かったです。http://www.presto-tek.biz/